オンラインカジノスマホ カジノスロット

違法賭博が蔓延している日本...

日本の(違法)賭博について!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本はかなり前から、賭博行為を禁止してきました。

 

 

 

 理由としては胴元(ギャンブルを展開する親元)が、国で管理できるものでなければ、
 暴力団などの、闇入りとなる軍資金として、運用される可能性があるためというのが、
 挙げられているのですが、実際にそうした裏賭博は現在も続いています。

 

 

 

 一方、海外ではブックメーカーと呼ばれるスポーツ予想が、
 公営ライセンスの元、民間企業によって運営されてきました。

 

 

 

 さて、日本では長い間、賭博行為が禁止されてきましたが、
 それでも、それなりに歴史があります。

 

 

 

 たとえば、広く知られている麻雀も、かなり長く日本でも親しまれています。

 

 

 

 その他にもサイコロなどを利用する、ちんちろりんや賽本引なども、
 古くから親しまれているものです。

 

 

 

 手軽さとそのランダム性から予想が難しく、”ゴト(賭博行為に対しての不正)を起こしにくい”
 といったところから、始まったのでしょう。

 

 

 

 ですが、サイコロのゲームでも最も親しまれた、半丁などでは不正が横行し、
 賊ややくざといったような、良くないイメージを連想させるようなゲームになりました。

 

 

 

 その他にも、手本引や花札なども人気のあったゲームです。

 

 

 

 また、囲碁や将棋など、戦略によって勝敗を分けるものも、
 古からの、賭博勝負の温床でした。

 

 

 

 それを専門にする、”真剣師” と呼ばれる人間も、
 出てくる程でしたので、広く親しまれていたのでしょう。

 

 

 

 このように賭博が禁止されている国である日本でも、
 昔から親しまれている賭博勝負になるゲームは、様々存在します。

 

 

 

 それらは現在も親しまれているなかで、
 実際に賭博行為として実施されるケースも存在します。
 (最近、専らの話題は、カジノが違法じゃなくなる!?ですね!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<<違法でない、海外ギャンブルサイト>>

 

 

 

 

  600億円以上の1等賞金が度々出ている海外宝くじ!